世界のびっくりニュース

日本生まれのウルトラ・リアルな歯科トレーニング用ロボットの動画


以前、アメリカ製の危険なくらいリアルな見た目のプロ用人体模型についてご紹介しましたが、日本生まれもなかなかの出来。「実習」がなかなか難しい歯科手術のトレーニング用に、こんなロボットが使われているそうです。

動画はこちらから
Ultra-realistic Dental Training Android Robot – Showa Hanako 2 #DigInfo – YouTube

こちらのロボット「昭和花子」はテムザックが各種大学と共同で開発したトレーニング・マネキンロボット。ラブドールの世界的メーカー、オリエント工業製のボディをベースに、くしゃみ、せきなど色々なアクションを発生させるメカが組み込まれています。

絶えず瞬きしたり、呼吸したり、口に手を入れた時にはそれに応じた反応をしたり、かなりリアルな環境でトレーニングができるとのこと。たしかにリアルですが、歯科のマネキンはなぜかいつもかなりホラーな見た目になってしまうのはなぜでしょうか……。

関連記事

[閲覧注意]極限までリアルに作られた「プロ用人体模型」が肉色ホラーで怖い - DNA

悪夢に出てきそうな歯学部の実習室の画像 - DNA

怖いシーンしか想像できないアンティークな歯科器具いろいろ - DNA

頂上対決「最強の歯ブラシ」はどっち? - DNA

ダッシュで6歳の女の子の乳歯をブチ抜く犬の歯医者さんの動画 - DNA

患者の痛みを紛らわせるため制服に谷間を強調する民族衣装を採用したドイツの歯科医院 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧