アートとデザイン

歴史の闇に消えた旧ソ連初の女性宇宙飛行士の通信音声から作られたショートフィルム「Kosmonauta」


世界初の女性宇宙飛行士、旧ソ連のテレシコワより2年も前に傍受されていた謎の宇宙飛行士の通信音声をそのまま使用し映像化したのがこちらのショートフィルム「Kosmonauta」です。


Kosmonauta on Vimeo

旧ソ連のテレシコワの初飛行は1963年。しかし1961年、イタリアの男性が旧ソ連の宇宙機向け周波数の音を聴いていた際にこの音声は録音されました。

ロシア語の音声は、女性飛行士が大気圏再突入を行う際、なんらかのトラブルが発生していたことを示唆しています。なんらかの訓練のものだったのか、それとも本当に事故が発生したのか……旧ソ連側からはこの音声に関して何も発表されることはありませんでした。「鉄のカーテン」の向こうの真実はどのようなものなのでしょうか。

製作はノルウェーの映画学校のミリヤム・エスケら。卒業制作の完成後、卒業生有志で作り上げたそう。製作途中の写真もいくつか公開されているようです。
In Space No One Can Hear You Clap | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

97年の重大事故から生還した旧ソ連出身の宇宙飛行士だけど何か質問ある? - DNA

旧ソ連時代の宇宙飛行士用レーザーガンのデザインがレトロフューチャー過ぎる - DNA

世界初の有人宇宙飛行に成功した「ヴォストーク宇宙船」の同型機がオークションへ - DNA

イカつさ満点、旧ソ連の軍用コンピュータで使用されていたメモリキューブがオークションに登場 - DNA

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ - DNA

「東側×レトロ」な組み合わせがたまらない、1960〜70年代のソ連製自動車いろいろ - DNA

ロシアの戦略ミサイル軍は最終兵器「核ミサイル発射用ハンマー」をもっていた - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧