科学と技術

米アリゾナ州立大学の研究者、ジェットエンジンを背負うと速く走れることを発見


ジェットパックを背負って飛ぶのは人類の夢の一つですが、とりあえず速く走る段階までは来れたようです。アリゾナ州立大学の研究者の「4MM(4 Minutes-Mile)」プロジェクトが、ジェットの力で速力を上げることに成功しました。

ジェットは重心近くの腰にマウントされ、外部コントロールでパワーアシストを行います。11ポンド(約5キログラム)の重量増にも関わらず1マイル(1.6km)走で約20秒のタイム短縮になったそうです。

動画はこちらから。
Jetpack helps soldiers run faster on Vimeo

このプロジェクトはアメリカ国防総省DARPAからの出資対象にも採択されました。DARPAは最近、筋力増強ソフトスーツなど人間の能力を向上させる研究に対して熱心です。このジェットパックによってどんな人間を作りだそうとしているのか、興味は尽きません。

関連記事

アメリカ軍とハーバード大学が開発した「筋力増強スキンスーツ」のプロトタイプの動画 - DNA

あの四本足ロボット「LS3」、「人の後ろをついて歩く能力」を獲得 - DNA

アメリカ国防総省DARPAが究極の生存性をもつ次世代型戦闘車両のコンセプトを公開 - DNA

アメリカ国防総省DARPA、ターゲットに向かって進路を自動変更する50口径弾の開発・試写に成功 - DNA

不整地をおっかなびっくり歩くDARPAのAtlasロボットの妙に人間臭い動画 - DNA

兵士の筋力をアシストする「スキンスーツ型強化外骨格」をDARPAが開発中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧