科学と技術

お湯を沸かしながら発電もできるハイブリッドなヤカン「KettleCharge」


未開の地で困るのは電力と飲める水がないこと。この「KettleCharge」お湯を沸かしつつ発電ができるため、一気に問題を解決することができます。


BioLite社の「KettleCharge」は温度差を用いて電圧を発生させる熱電変換を応用した発電ヤカン。お湯を沸かしつつ10ワットの電力を使用できます。こちらは同社の発電しながら枝を燃やせる「CampStove」と組み合わせたところ。

底部の熱と水の冷たさで発電するので空焚きするとよろしくはなさそう。煮沸することで飲用に適した水を作ることができるというメリットですね。

熱源は何でもOK。お湯が沸けば問題ありません。

形状を固定できるUSBケーブル付き。

野外でも水と電源を確保できるデバイスは緊急時には役立ちそうです。動画はこちらから。
The BioLite KettleCharge – Fill, Heat & Charge on Vimeo

関連記事

世界初、太陽電池と手回し発電機を備えたカメラ「Sun and Cloud」 - DNA

Google Glassのバッテリー容量を約3倍にする増設電池「PWRglass」 - DNA

紙を燃やせるくらい明るい懐中電灯「Wicked Lasers Flashtorch」 - DNA

イギリス軍、兵士のIT化のため「導電性ユニフォーム」を年末までに試験導入 - DNA

イギリスで初の「人力発電所」がオープン、無料ジム施設に発電機を組み込み - DNA

太陽の力でネコを喜ばせ続けられるオモチャ「The Solar Powered Cat Tantalizer」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧