世界のびっくりニュース

カントリー&ウェスタンな楽器でAC/DCの「Thunderstruck」を演奏する動画


「電気掃除機みたいに音がデカい」からその名をつけられたバンド、AC/DCの「Thunderstruck」をバンジョーやウッドベースといったカントリーミュージックで用いられる楽器で演奏すると、何故かものすごく素朴な音楽に聞こえてきます。

動画はこちらから。
Thunderstruck by Steve’n'Seagulls (LIVE) – YouTube

演奏しているのはスウェーデンのバンド「Steve’n'Seagulls」。北欧でアメリカの田舎っぽいビジュアルの中、カントリー&ウェスタンなサウンドでハードロックナンバーをかき鳴らすというキワキワな世界観のバンドです。

Iron MaidenのThe Trooperもかなりカントリーでステキです。
The Trooper by Steve’n'Seagulls (LIVE) – YouTube

こうして音楽的な要素を入れ替えてもそんなに違和感がないので、ブルースやカントリーと、ハードロックは同じ系譜にあるんだなというのが確認できます。「ギターソロ40年の歴史」もそうでしたがこうして音にすると音楽の歴史って面白いですね。

関連記事

メタリカの「Enter Sandman」をブルーグラスにアレンジした気持ちいい動画 - DNA

スター・ウォーズの「帝国のマーチ」をベートーヴェン風にアレンジして即興演奏するすごい音大教授の動画 - DNA

著作権に抵触しない「代用ハッピーバースデートゥーユー」コンテストが開催 - DNA

中国伝統楽器「古筝」でガンズ・アンド・ローゼズの「Sweet Child O’ Mine」を奏でる映像 - DNA

「Call Me Maybe」をジャジーな20年代風にアレンジするとこうなる - DNA

もしも「あまちゃん」がハリウッド化したらオープニングテーマはこうなる - DNA

過去40年間のギターソロの誕生と進化を説明してくれる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧