科学と技術

最新型旅客機・ボーイング787の運動性能がすごいことが分かる動画


初飛行が2009年、路線就航は2011年というまさに最新型の旅客機・ボーイング787は徹底的な軽量化と高性能エンジンの採用によって、ちょっと目を疑うような運動性能を身につけることができました。

1. ふわっと離陸すると……

2. どんどん機首をあげていって……

3. ごらんの通りの角度に、ほぼまっすぐ上に向かって飛んでいます。

もちろんすぐに水平に近い角度に戻るのですが、一瞬でもこの飛行が可能なあたりさすがの最新型です。その他旋回半径の小ささ、その際の機体の傾きにも注目です。
Awesome Boeing 787-9 display at #FIA14 Farnborough International Airshow 2014 – YouTube

その他、別アングルからの動画はこちら。
Boeing Preps the 787-9 Dreamliner for Farnborough – YouTube

関連記事

ジェット旅客機「ボーイング737」の複雑怪奇な始動手順をおさめた映像 - DNA

テストパイロット、ボーイング787ジェット機で世界最大の絵を描く - DNA

142トンの旅客機ををたったひとりで牽引して世界記録を達成する動画 - DNA

ついに真打ち登場、ウクライナの超巨大輸送機「アントノフ An-225ムリーヤ」が日本にやってくることが決定 - DNA

強烈な横風の中で離着陸を敢行しているいろいろな飛行機の映像 - DNA

地上で止まっているのに強風で勝手にふわっと浮き上がるジャンボジェット機の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧