世界のびっくりニュース

世界に大戦争が起こりにくくなった3つの原因を解説する動画(字幕あり)


「戦争」という言葉から連想するのは互いの国家を滅亡させるべく戦う全面戦争なのですが、近年そうした戦争は少なくなりました。これは一体何故なのでしょうか。


下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 
現代というのは、国家間の取り決めによって減らせる戦争はほぼ減らすことに成功した時代なのかもしれません。いまだにくすぶっていたり時折勃発する戦争を解消する、最後のひと押し段階にきているのです。

関連記事

冷戦の爪あと、宇宙から見たベルリンはまだ東西に分かれている - DNA

旧ソ連も目をつけた、アメリカ合衆国国防総省ペンタゴンの中庭にある「ある建物」の意外?な正体 - DNA

ティーガー戦車を女の子に見立てて「付き合い方」を学ぶドイツの「萌え」教本「Tigerfibel」 - DNA

イカつさ満点、旧ソ連の軍用コンピュータで使用されていたメモリキューブがオークションに登場 - DNA

戦争で失われてしまった50~60年代のアフガニスタンの風景いろいろ - DNA

あと5年でアメリカ軍から核実験に参加したことがある技術者がいなくなってしまう - DNA

旧ソ連の遺産か、ネコを使ったテレパシーの動物実験動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧