エンタメ

すべてがゼロに収束する……鬼才テリー・ギリアム監督「Zero Theorem」第2弾予告編が登場


すべてが足しあわされそしてゼロに収束する世界で、人間が生きる意味はあるのか、あるいはないのか。そしてそれを数式化できるのか……そんな妄想に取り付かれたエンジニアが、究極の証明を追い求めるというテリー・ギリアム監督の新作「Zero Theorem」予告編第2弾です。

テリー・ギリアムといえば「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」など超現実的かつ気が滅入るほどの退廃感漂うディストピアものSF映画で知られる映画監督。そのビジュアルメイキングは伝説的コメディグループ「モンティ・パイソン」のTV放送に挿入されるシュールなアニメでお馴染みです。

パイソンズの人気スケッチ(コント)である「スペイン宗教裁判」には脇役として登場。

主演の狂えるエンジニア、コーエン・レスにアカデミー賞2度受賞のクリストフ・ワルツ、彼にプロジェクトを課す謎の組織「Management」のエージェントにマット・デイモン、ファム・ファタールのベインズレーにメラニー・ティエリが出演。ギリアム監督いわく「キャストの印象に反する役をあてるのが好き」ということなので、そこらへんにもワナがしかけてあるのかもしれません。

動画はこちらから。
Zero Theorem Official Trailer #1 (2014) Christoph Waltz HD – YouTube

関連記事

「人生の意味」は数式化できるのか……鬼才テリー・ギリアム監督の新作SF映画「The Zero Theorem」予告編 - DNA

伝説のコメディグループ「モンティ・パイソン」の「バカ歩き省」のゲームがiOSで登場 - DNA

コメディ歴史映画「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」をカットアップして大河アクション映画に仕立てた予告編動画 - DNA

ハリソン・フォードに「ブレードランナー2」の出演を制作会社が打診 - DNA

レプリカントとひたすら追いかけっこ「ブレードランナー」を60秒に圧縮した動画 - DNA

元祖ディストピア、オーウェルの「1984年」がハリウッドでリメイクへ - DNA

「ドラえもん×AKIRA」なファンメイド・アニメ「DORAEMON」が禁断の融合すぎる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧