世界のびっくりニュース

1920年のカメラで「自分撮り」をするのは結構大変だった


誰もがカメラを持つ時代になって「自分撮り」を見かけることも増えました。小さく軽く、持ちやすいカメラのおかげで手軽に撮影ができるのですが、カメラが進化中の1920年の自分撮りはかなり大変だったようです。

1. カメラを2人で持って自分撮りをする紳士達。1920年の12月のことのようです。巨大な木箱はとても重そうですね。

2. この日の写真ではないですが、こんな感じの絵になるようですね。

今では人間だけでなくナマケモノですら自分撮りをする時代になりました。技術の進歩は実に意外な未来を連れてくるようです。

ソース:Picture of the Day: The 1920s Selfie «TwistedSifter

トップ画像:Museum of the City of New York – Search Result

関連記事

ナマケモノを抱っこして自分撮りをさせるとこうなる - DNA

高度な撮影テクニックを駆使した驚異の「自画撮り」写真 - DNA

映画の「決めシーン」で登場人物に「自分撮り」をさせると台無しになるという合成動画 - DNA

「父親にFacebookアカウントがバレるとこういうイタズラをしかけられる」という画像が話題に - DNA

これは「銀塩フィルム」と「デジタル」のどちらで撮られたでしょうか……色々なシチュエーションで比較するクイズ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧