アートとデザイン

[閲覧注意]ゾンビ風アレンジされたテディベア・ロボットの「いないいないバア」が怖すぎる


見た目と中身のギャップが大きければ大きいほど印象は強くなるそうですが、こちらのゾンビ風テディベアのロボットはかなりのインパクト。「いないいないバア」で遊んでくれようとするのですが……衝撃です。


「やあこんにちは!」

「いないいないバアしようよ!いくよ~?」

















「いないいないバア!」

こちらは内臓がはみ出したテディベアを専門に制作している「UndeadTeds」が特注で一つだけ制作した一品物。eBayでオークションが行われています
UndeadTeds Special ‘Peek-a Boo’ Edition – YouTube

なおロボットじゃない普通のぬいぐるみバージョンはこちらで入手できそうです。職場のデスクのお供に置いておくと、いろんな人に声をかけてもらえること間違いありませんね。

UndeadTeds

関連記事

[閲覧注意]道路でひかれた動物をモデルにした不気味なぬいぐるみ「Roadkill Toys」 - DNA

かわいいぬいぐるみで拷問ホラー映画「ソウ」をやってみた動画「The Muppets: Saw」 - DNA

[閲覧注意]ゾンビ化して永遠の命を与えてしまったぬいぐるみ「UndeadTeds」 - DNA

ネット上の「感情」をひたすらつぶやきつづけるぬいぐるみの群れ「T.E.D.」の動画 - DNA

あなたのテディベアは夜中にものすごく頑張っているかもしれない - DNA

熊の内臓を食い破り、あちこちにまき散らしている犬の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧