世界のびっくりニュース

洋上の空母から衛星回線を通じて海軍のデータベースにハックをしかけた水兵を逮捕


アクセス元が移動し続けるハッカーを迎撃すると、なんと洋上のプラットフォームからアクセスをしかけていた……という映画のような事件が実際に起こる時代となってしまいました。


逮捕されたのは空母ハリー・S・トルーマンの原子炉部門のシステム管理者、ニコラス・ポール・ナイト。共犯者の大学生ら4人とともにハッキンググループ「Digi7al」を結成、50以上の組織のデータベースにSQL injectionを用いて違法なアクセスをしかけていた疑い。

ハックされた中にはアメリカ国家安全保障局、議会図書館、ロス・アラモス国立研究所、AT&T、各種大学や企業などが含まれていました。中でも海軍の人員移動支援システム「Smart Web Move」は22万人が登録しており、このハックによってシステムの一部がダウン。総計51万4千ドル(約5240万円)の被害が発生しました。

海軍犯罪捜査局NCISはハッキング経路の調査から、外部からではなく軍内部の施設からのハッキングであることを発見しニコラス・ポール・ナイト容疑者をマーク。彼が空母ハリー・S・トルーマンから衛星回線を通じ、ニセのデータベースにアクセスしたことを確認して逮捕したということです。

ソース:Courthouse News Service

Feds: Sailor hacked Navy network while aboard nuclear aircraft carrier | Ars Technica

トップ画像:100919-N-6003P-178 | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

「さぼったらビンタ」ゲームで生産性を3倍にするライフハックのポイント5点 - DNA

ハッカー達の時代、MS-DOSコンピュータ・ウィルスの挙動はこんなにもユニークだった - DNA

カジノの監視カメラをハッキングして相手のカードを見るイカサマで約31億円を強奪 - DNA

テレビの緊急放送がハックされ「ゾンビ警報」を発令 - DNA

ドイツのハッカー、検閲を避けるため独自の通信衛星の打ち上げを計画中 - DNA

Bitcoinの開発者「サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)」の正体が明らかに - DNA

誰でも簡単に(ハリウッド式の)スーパーハッカーになれるスクリプト「Hacker Typer」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧