世界のびっくりニュース

双子の赤ちゃんが手をつないでお腹の中から出てきた感動的な写真


見た目がそっくりな双子は、それぞれ別の人格なのですが何か特別な絆や「テレパシー能力」があるらしいというのはよく言われること。科学的な根拠はないのですが、この写真を見ると実在するような気がしてきます。


こちらはアメリカ・オハイオ州のサラ・スリッスルウェイトさんの娘、ジェンナちゃんとジリアンちゃんが生まれてきた所。普通は1人に1つ羊膜の袋が出来るのですが彼女達は0.3%という低い確率で発生する1羊膜1卵性双胎という状態でお腹に宿りました。

健康や発育に大きな問題はないのですが、同じ袋の中にいるためにお互いのへその緒が絡まりやすく、妊娠中は注意深く診察が行われました。

そして先日無事に出産。帝王切開で生まれた2人はこのように手を握り合っていました。この母の日に1歳半のお兄ちゃんとの対面も果たしたということです。

ソース:Rare Set of Twins Hold Hands in Delivery Room – ABC News

関連記事

映画「シャイニング」のあの双子の姉妹の当時と現在をくらべてみた - DNA

生まれて初めてパパの双子の兄弟に会った娘、ビックリしすぎて固まってしまう - DNA

双子姉妹のハープ奏者がコスプレで「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の「女神の詩」を演奏する動画 - DNA

奇跡の確率、卵を30個買ったら29個が双子だった女性の動画 - DNA

いろんなものが2倍、セクシーでゴージャスな双子のおねえさん達 - DNA

初めて外の世界を知ったベルリン動物園のクロヒョウの双子の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧