科学と技術

1950年と現在のカーレースのピット作業の圧倒的な速度差が分かる動画


カーレースでは自動車の速度だけでなく、タイヤ交換や燃料補給などのピット作業のチームワークも見どころの一つ。1950年のインディ500レースと2013年のF1レースにおけるそれぞれのピット作業を並べてみると、その進化っぷりに驚きます。


燃料補給の有無など違いはありますが、それにしても圧倒的な差。現代的なF1のピット作業は数秒以内で完了するという、過日であれば考えられないスピードです。
Formula 1 Pit Stops 1950 & Today – YouTube

早業というのはそれだけを取り出して見るとよく分からないものですが、こうして比べてみるとすごいものですね。

関連記事

わずか2.4秒でタイヤ交換、チーム・マクラーレンによる世界記録達成の動画 - DNA

芸術的ピットストップ、2秒しかかからないタイヤ交換作業をスローモーションで見られる「Art Of Pit Stop」 - DNA

ロシアの警察はものすごい早さで来てくれることがよく分かる動画 - DNA

1分間に802回、世界最速の拍手が6年ぶりに新記録達成 - DNA

10秒で50枚を洗う世界最速の皿洗い職人は中国にいた - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧