世界のびっくりニュース

上陸した米海軍の水兵軍団がオーストラリアの売春宿を臨時休業に追い込んだことがある


軍隊というのは基本的には消費するだけの組織。よく「通った後は草一本生えない」くらいにがっつり補給していくわけですが、実際にこういう事件があったそうです。


それは2002年5月、オーストラリアの港町・パースでのこと。アフガニスタンにおける「テロとの戦い」が始まったころで、アメリカ海軍は空爆のため艦隊を差し向けていました。

そのうちの一部、空母ジョン・C・ステニス、ミサイル巡洋艦ポート・ロイヤル、高速戦闘支援艦ブリッジがパースに寄港したのがきっかけでした。

乗員合わせて約6000人。いずれも体力トレーニングをモリモリに受けている上に、何ヶ月も外界から切り離され、戦争のストレスにさらされてきた人たちです。パース最大の売春宿、 Langtrees brothelは1週間分の売上を3日で達成するという圧倒的攻勢の前に、とうとう史上3回目となる臨時休業を宣言したのです。

「従業員たちが疲労によって、高品質なサービスを提供できる状態ではなかったので休業せざるを得ませんでした。あの日パース中のセックスワーカーが疲れきっていたと思います」とはLangtrees brothelを経営するマダム、マリー=アン・ケンワーシーさんのコメント。団体行動をするときはあらゆる段取りをつけておかなければいけない……と思わせる出来事です。

ソース:US sailors wear out sex workers – theage.com.au

関連記事

第二次世界大戦中、売春ツアーのメッカだったカナダ・モントリオールの娼婦たちのマグショット - DNA

アメリカに現存する100年以上の歴史を持つ売春宿「RED ONION SALOON」 - DNA

劣悪な環境の中、イタリアの道端で働くナイジェリア人売春婦たち - DNA

なぜか似ている、売春宿の部屋と刑務所の独房をテーマにしたミニチュアハウス - DNA

リベリア大学入試、約2万5千人の受験者全員が落第でパニック - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧