アートとデザイン

ニューヨークの同じ場所のお店の昔と今を並べて懐かしむ写真集「STORE FRONT: The Disappearing Face of New York – 10 Years Later」


現在の「ニューヨーク」のイメージは80年代から90年代の様子に負うところが大きいわけですが、あのなんとも言えず混沌とした懐かしい風景は徐々に消えつつあります。そんな失われゆく街角の変遷を比較している写真集です


これは写真家のジェームズ・マレーとカーラ・マレー夫妻が自身の写真集「STORE FRONT: The Disappearing Face of New York」でとらえたお店の正面写真を、10年後に同じ場所で撮り直したもの。

「STORE FRONT:~」の時点ですでに無くなりつつあった風景ですが、ご覧のように今では面影すらなくなっています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

「ウェストサイド・ストーリー」「摩天楼はバラ色に」「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」……ニューヨークを舞台にした物語はそれこそ無限にありますが、もう映画の中でしか見られない風景もあります。新しい街の風景はどのような物語を紡いでいくのでしょうか。

ソース:STORE FRONT: The Disappearing Face of New York – 10 Years Later

関連記事

超有名ウェブサイトの昔と今のサイトデザイン比較16パターン - DNA

砂漠に人工的に作られた2つの都市、ドバイとラスベガスの昔と今 - DNA

50~60年代のアフガニスタンの活気にあふれた風景をとらえた写真いろいろ - DNA

戦争で失われてしまった50~60年代のアフガニスタンの風景いろいろ - DNA

米・ソの軍事介入や内紛で荒廃する以前の豊かで美しかった「アフガニスタン」のカラー写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧