アートとデザイン

火焔をあげるスティックでドラムを叩きまくる男の動画


西洋音楽三大要素「旋律・和声・リズム」のうち最後の1つを司るドラマー達。音楽の心臓に例えられる彼らは、他の楽器の奏者よりも直感的・野生的な人が多いように思いますが、それを裏付ける動画がこちら。燃えるドラマーです。


動画はこちらから。火焔ドラムは3:20あたりからはじまります。
Burn – Drum Cover with Fire Sticks – Ellie Goulding – Drumming With Fire (Brit Awards 2014 song) – YouTube

関連記事

不敵な表情でドラムを叩きまくるロックなおばあちゃんの動画 - DNA

ある意味筋肉と音楽の融合、マッチョな筋肉で「テリー・クルーズ」がドラムを演奏している動画 - DNA

10歳の少年が洗濯機を使ってものすごいドラミングを披露する動画「Whirled Beat」 - DNA

ボイスパーカッションする口元をスローモーションで撮影した映像 - DNA

ロシアの高速道路を疾走するロックバンドがすごいというかひどい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧