世界のびっくりニュース

ネット詐欺被害の男性がシェイクスピアの全著作を相手の携帯電話に送信して復讐


インターネットショッピングが普及した昨今、代金を送ったのに商品が送られてこない詐欺もまた多発しています。多くは泣き寝入りするしかないものなのですが、こちらのユーザーは長大なことで知られるシェイクスピアの全著作を相手の携帯電話にショートメールとして送りつけるという復讐にでました。


イギリスのグラフィックデザイナー、エド・ジョセフさんは先日、ネットの個人売買掲示板で、プレイステーション3とゲームのセットが80ポンド(約1万3千円)で出品されているのを買い求め、代金を相手の銀行口座に振り込みました。

ところが2週間待っても商品が送られてくる気配がありません。掲示板運営者や警察に相談したものの、規約の関係上相手を強制的に捕まえるのは難しいと動いてもらうことはできませんでした。

困ったエドさん、ネットをふらふらと眺めていたところ、シェイクスピアの全著作を公開しているサイトを発見。シェイクスピアの作品は現在著作権が切れて、コピーが可能になっています。これを相手の携帯電話に送りつけてやるのはどうか、と思いつきました。

相手の電話番号を指定して送るショートメッセージ(SMS)は、160文字ずつ分割しての受信になります。シェイクスピア作品は1作平均2万2600単語、すなわち792本のメールとなって相手に届きます。

こちらは単純にコピー&ペーストするだけ。しかもエドさんの場合、料金プランによってショートメッセージの送信は無料。数回の操作で、相手の携帯電話を鳴りっぱなしにすることができるのです。これまでに全37作のうちの22作、実に1万7千424本のメールが相手に送られたとのこと。

エドさんは「最近なんだかシェイクスピアが好きになっちゃってね。それで最近知りあった人にも教えてあげようと思って送ったんだ。最近相手がこちらになんだか怒ったような電話をかけてきてるんだけど『シェイクスピアって面白いでしょ?』って質問してるよ」と文学青年っぷりが感じられるコメントをしています。

ソース:Designer ripped off by Gumtree conman sends him the entire works of Shakespeare by TEXT

関連記事

古今東西の文豪たちが語る「書くこと」についての30の名言 - DNA

3Dアニメの雄、ピクサーのストーリーライターが語る「おはなし作りにおける22のルール」 - DNA

ブラジル女性の情熱的復讐、浮気した夫の車をボコボコに破壊して華麗に去っていく動画 - DNA

うるさい隣人に爆音のヘヴィメタルをかけ続けて復讐した老夫婦が取り締まられる。 - DNA

鬼才サルバドール・ダリが描いたシェークスピアの「ロミオとジュリエット」の貴重なリトグラフ10枚 - DNA

「読書感想文を代わりに書いて!」と掲示板に書いたら、作者から返事が来た - DNA

突然の怒りで念力に目覚めてしまった少女が荒れ狂う本格派イタズラ映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧