世界のびっくりニュース

感動のミュージカルが再び映画化「アニー(Annie)」予告編公開


赤毛のくせっけでそばかすだらけ、両親はいないけれども明るく日々をたくましく生きる女の子・アニーが、人々と出会い彼らを幸せにしていくミュージカル「アニー」が再び映画化。2014年のニューヨークを舞台に、再び感動のドラマが繰り広げられます。


あらすじ:

アニー(クベンゼイン・ウォリス)はいつも前向きで明るい女の子。生まれてすぐに孤児院に置き去りにされますが「いつか迎えにくる」という両親の約束を信じて、意地悪な院長のハニガン(キャメロン・ディアズ)のつらい仕打ちにも負けずたくましく生きています。

ある日、大富豪で次のニューヨーク州知事を狙うスタックス(ジェイミー・フォックス)がイメージアップキャンペーンのため孤児院から養子を迎えたいと言い出したところからアニーの人生は変わります。最初はミエミエのマーケティングのためだけの縁組でしたが、アニーの天真爛漫な生き方が周囲の人を少しずつ変えていくのでした……

「アニー」は1977年初演のミュージカル。1983年まで2377回のロングラン公演となったほか、プロ・アマ問わず様々な劇団・俳優そして観客に愛される演目として世界中で演じられてきました。日本では78年に初演、そして86年からは毎年公演されている人気作品です。

映画化はテレビを含めると今回で3度目。大きく変化しているのが主人公・アニーの造形で82年版は赤い癖毛でそばかすというミュージカル版に沿ったものでしたが、今回は黒人のクベンゼイン・ウォリスを起用して大きくイメージを変えてきました。

また大恐慌時代から現代のニューヨークに舞台を移したということで設定もビジュアルもいろいろと変化しているようです。Windows8がまぶしいですね。

それでも「アニー」の感動に変わりはなさそう。動画の1:29から美しいニューヨークの夜明けとともに「Tommorow」が始まるところは予告編ながらぐっときます。

動画はこちらから。公開は2014年のクリスマスとなっています。
ANNIE – Official Trailer – In Theaters Christmas 2014! – YouTube

もうちょっと「Tommorow」を聞きたい人ははこちらをどうぞ。
Annie ” Tomorrow ” – YouTube

関連記事

「ウェストサイド物語」と「スター・ウォーズ」をマッシュアップするとこうなる、という動画 - DNA

究極の「ごっこ遊び」、コスプレ+アクション+テーブルトークRPGな「LARPing」がヨーロッパで流行中 - DNA

黄金の1920年代と現在のニューヨークの街角を比較した写真いろいろ - DNA

[字幕動画]タイのイカダ村からチャンピオンになった少年サッカーチームの感動的な実話 - DNA

少年サッカーの試合をあの手この手でヨーロッパ選手権決勝に変身させるイタズラ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧