世界のびっくりニュース

[字幕動画]シリア政府軍に参加したアメリカン・ギャングスタがヒップホップなメッセージを故郷に送る動画


ギャングとかマフィアとか呼ばれるケンカが好きな人は、思いっきり体が動かせる戦場に行ったりしないのだろうか……と常々思っていたのですが、とうとうそういう人を発見できました。アメリカ西海岸のギャングスタが故郷のみんなへのメッセージをYouTubeで公開しています。

下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 
彼らはカリフォルニア南部のギャング連合「プロ・スレノス(南部の人、の意。PS-13)」の一部であるメキシコ系のGW-13と、アルメニア移民系の「AP(アルメニアン・パワー)」のメンバー。アルメニア系クリスチャンはシリア政権側の少数民族であり、「ウィーノ」を名乗るAPの人は彼らを守るためにシリア紛争に参加したものと考えられています。

「Homie(ホームの人、地元のみんな、の意)」へのメッセージをシャウトしつつすごくギャングスタっぽい撃ち方を披露する2人。

シリア紛争に参加している外国人は7000~1万1千人といわれており、多くは反政府側。アメリカ人はこれまで50人ほどの参加が認められていますが、政権側への参加者が確認されたのはこれが初めてということです。

ソース:LA Gang ‘Homies’ Claim to Be Fighting in Syria | VICE News

関連記事

人種差別の嵐の中でバイクに乗り続けた、アフリカ系モーターサイクルギャング達の画像 - DNA

映画館に行ったら周りが全員マッチョなバイカーギャングだった……というドッキリ動画 - DNA

アウトローバイカー集団「ヘルズ・エンジェルス」の1960年代の写真いろいろ - DNA

ロシアン・マフィアたちのすごいお墓の写真いろいろ - DNA

[字幕動画]コンゴ共和国の超オシャレ紳士「サペー」たちのショートドキュメンタリー「The Men Inside The Suits」 - DNA

[字幕動画]最後までやたらハイテンションな「戦場でのコーヒーの入れ方」動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧