アートとデザイン

「ゼロ・グラビティ」は顔以外ほぼ全部CGだったということが分かるすごいメイキング動画


合成技術があまり発達していなかったその昔は、できるだけ実物を撮影して合成は最小限にするのが普通でしたが、CG全盛の昨今ではありえないほどのレベルでCG合成が行われています。トップ画像もCG合成てんこもり。メイキングはかなり驚愕です。


地球軌道上でハッブル望遠鏡のアップデート作業を行っている主人公。宇宙服と構造物の一部を小道具で作って地球はCG合成かな……くらいに思えます。しかし「宇宙に浮かんでる感じ」を出すにはそれでは足りないのです。

そういうわけでまずは実写パート。さっきの画像からごっそりディティールが抜けました。

じゃぁどこがCGだったの……?というとこちら。宇宙服も構造物も、実は全部CGだったのですね。

動きをあわせるための仮レンダリング。つまりサンドラ・ブロックの顔以外全部CG。

あとはパーツやワイヤの動きを作って……

どんと合成。まさかのCG量です。

1分に1回以上科学的考証の間違いがあるといわれる「アルマゲドン」とは比べるべくもありませんが、公開後は「そこまでリアルではない」という評価もあった「ゼロ・グラビティ」。しかしこの映像を見ると「これで合ってるんじゃ……」という気持ちにもなってきます。
Gravity Show and Tell – YouTube

とはいえCGの弱点は「元の映像は貧弱」なこと。うっかり予算が切れたり、編集をミスったりしてCG合成前の映像が流れてしまうと大変なパニックが起こってしまいます。

関連記事

[字幕動画]広すぎるIKEAで生命は存続できない……サバイバルホラー・ニセ映画「IKEA」の予告編動画 - DNA

NASAがやっている「アルマゲドン」を使った管理職研修がすごい - DNA

トルコのテレビ局、CG合成する前のテレビドラマをうっかり放映 - DNA

CG人間の「不気味の谷」を飛び越える「表情キャプチャー」 - DNA

マトリックスをCG無しで再現する日本人パフォーマー・蛯名健一(Kenichi Ebina)がアメリカを驚嘆させた動画 - DNA

ファンタジードラマ「Game of Throne」で使われているCG合成がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧