アートとデザイン

「子ども頃の夢」が写った写真を手に持つイラクの人たちの写真集「I Wish」


「子どもの頃になりたかったもの」の写真を手に持ちポートレートにおさまったイラクの人たち。写真の中の力強くシンプルな「夢」と、周囲の「現実」の濃さの対比がとても面白い写真集です。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

こうした作品では政治的なメッセージ、例えば「政情が不安定で経済がうまくいっていない国の人は夢を叶えられない」のようなものを強力に発信することもできますが、作者でクルド人のJamal Penjwenyは、あくまで「叶わなかった夢との距離」を表現したそう。

「人生ではアニメ作りのように、何もかもを思い通りに塗ることはできない」とJamal Penjwenyさん。誰かの夢と現実の距離は、あなた自身の夢と現実の距離でもあるのです。

ソース:Powerful Portraits of People Revealing Childhood Dreams – My Modern Metropolis

関連記事

時代を象徴する有名な写真とそのカメラマンたちのポートレート「Behind Photographs」 - DNA

難民キャンプの人々に最も大切な物を見せてもらったモノクロ写真集「The Most Important Thing」 - DNA

100歳になった人たちの喜びの表情を集めた写真集「Happy at Hundred」 - DNA

世界中の人々が暮らす家を撮影した写真集「Where We Live」 - DNA

タイの幼きムエタイ選手たちを捉えたモノクロ写真集「Die Kampfkinder」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧