ネット・PC

Photoshopの全コマンドを配置した巨大キーボード「SHORTCUT-S」が出資募集中


超多機能なPhotoshopを使いこなすには、非常にたくさんのキーボードショートカットを使いこなさなければなりませんが、この巨大キーボード「SHORTCUT-S」を使えばもうそんな苦労は必要ありません。

1. Photoshopは業界標準のフォトレタッチアプリ。ものすごく多機能ですが、このようにメニューの階層も非常に多く、中にはアクセスしにくい機能もあります。

2. そのためキーボードショートカット本当にたくさん覚えなければ仕事になりません。そしてそのキーボードショートカットも、モノによっては非常にムリな態勢で使うことになります。

3. そこでこちらの「SHORTCUT-S」。Photoshopのすべての機能を1枚の大きなキーボードの上に配置したというもの。人によってはPOSレジ用の「プログラマブルキーボード」なんかを導入している人もいますが、「SHORTCUT-S」はとにかく「全部」乗ってます。

作業時間の比較動画はこちら。半分以下の時間で終了しているように見えます。ただしキーの位置を覚えるのにかかった時間は不明です……。
shortcut s speed test – YouTube

4. 319個のキーを擁する巨大キーボード。

5. タッチパネルではなくクリック感のある物理キーボードなのもうれしい。

6. 開発中。なお上面のパネルを張り替えることで別のアプリケーションにも対応できるということです。

7. 薄いので持ち運びもラクラク。

Photoshopはバージョンが変わると慣れ親しんだキーボードショートカットも変更されることがあって、そのたびにちょっと不便な思いをしてしまいます。このキーボードならその心配もありませんね。Kickstarterで出資を受け付けており、約9000円の投資で1つ購入できるということです。

ソース:Special SHORTCUT-S keyboard for graphics and video softwares by SORIN NEICA — Kickstarter

関連記事

片手だろうが両手だろうが超速でキーボードをたたきまくる男の動画 - DNA

Microsoft社、エルゴノミクスキーボードの新製品「Sculpt Ergonomic Desktop」を発表 - DNA

iPadのソフトウェアキーボードを超絶使いやすくするシリコンマット「Touchfire」 - DNA

どんなキーボードも静音仕様にしてしまう「キーボード静音カバー」 - DNA

なぜVimのカーソル移動キーは「h・j・k・l」なのか? - DNA

なぜUnix系OSのホームディレクトリはあまり馴染みのない記号「~(チルダ)」で表現するのか - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧