科学と技術

輪ゴム1本でセミオートライフルを「バンプファイア」しやすくする簡単な方法


全自動連射できる銃が規制されているアメリカでは「いかにして法律に違反せずにフルオートを実現するか」というのがいろいろ研究されています。そのうちのひとつが「バンプファイア」と呼ばれるテクニック。ちょっとコツがいるのですが、実は輪ゴム1本使うと簡単に実現できてしまうのです。


輪ゴムをトリガーに巻きつけ、前に引っ張られるようにひっかけるだけ。

このようにきれいにフルオート射撃できています。
www.PoormansMachinegun.com Episode 1 – YouTube

バネを使った仕組みは法律ではアウトですが、さすがに輪ゴムを規制することはできないでしょうから、恐らくは合法です。

「できる」といっても、フルオート向けに作られていないパーツでフルオートにするのは安全上の問題があります。もし試す機会があっても絶対試さないようにしてください。

関連記事

フォアグリップやバイポッドをスプリングマウントにして反動を制御するアダプタ「The Recoil Rail」 - DNA

セミオートの自動小銃を合法的に据え置き機関銃にできるガンスタンド「Bump Sled」 - DNA

ものすごい速さでトリガーを引いて連射できるトリガーグループ「TacCon 3MR Trigger System」 - DNA

銃を肩ではなくアゴで支える「脱法銃床」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧