ネット・PC

ネットに接続された「スマート家電」が乗っ取られスパムメールを送信していたことが発覚


スパムメールを大量に送るには、まず送る側にそれなりのマシンパワーが必要です。このためスパム業界では、違法に乗っ取られたコンピューターの「牧場」を用意している人がいるのですが、この乗っ取られたマシンの中に「スマート家電」が含まれる率が高くなってきたそうです。


アメリカのセキュリティ企業Proofpoint社が、2013年12月23日から1月6日にかけて行われた大スパムキャンペーンについて行った調査では、1波に10万通、1日に3波のスパムメール送信が行われ、これに関わったマシンはのべ45万ユニークIPに上りました。そしてこのうち約10万ユニークIPが、ネットワークを通じて外部からアクセス可能な「スマート家電」だったということです。

最近では家庭内のハードディスクに出先からアクセスできるストレージや、ブラウザを通じて録画予約などの操作ができるレコーダー、また海外では「スマート冷蔵庫」など様々な家電がインターネットに接続されるようになりました。

こうした機器は24時間インターネットに接続されているわりには、設定用パスワードがデフォルトのままだったり、ファームウェアの脆弱性が放置されていたりなどハッキングされやすい環境に置かれています。

これまでも「牧場」を使った大規模なスパム送信や攻撃は見られましたが、これにスマート家電からの接続が観測される世界で初めての例となったということで、Proofpoint社は注意を呼びかけています。

ソース:Internet of Things Cyber Attack – IoT Cyber Security Combats Thingbot Attacks – Proofpoint

関連記事

ハッカー達の時代、MS-DOSコンピュータ・ウィルスの挙動はこんなにもユニークだった - DNA

ゲーム開発会社シミュレーションの「海賊版」に「海賊版のせいで売上悪化」するトラップが仕込んであってパニック - DNA

テレビの緊急放送がハックされ「ゾンビ警報」を発令 - DNA

誰でも簡単に(ハリウッド式の)スーパーハッカーになれるスクリプト「Hacker Typer」 - DNA

スーパー力技で20時間以内にAndroid端末の4ケタ暗証番号を突破するロボット「R2B2」 - DNA

ネットワークエンジニアを働かせるのにぴったりの「イーサネットケーブル鞭」 - DNA

Wi-Fiや携帯電話の電波を通さない壁紙がフランスで開発される - DNA

カジノの監視カメラをハッキングして相手のカードを見るイカサマで約31億円を強奪 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧