エンタメ

戦車山盛りロシア映画「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」の撮影風景動画が戦争過ぎてすごい


最前線に出没する謎のティーガー戦車と、これに復讐を目論む戦車兵の戦いを描くロシア映画「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」がいよいよ一部劇場で公開され、なんと「初日ほぼ満員」だったとのこと。それを記念して同映画の撮影風景の動画が公開されているのですが、CGに頼らず物量を突っ込んだ現場は実にものものしいものがあります。

最近の映画だと手間や安全性を考えてグリーンバック合成が多用されるシーンでも、実際に戦車を走らせたり人間を並ばせているのが「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」。登場こそしなかったもののこの映画のために実物大ティーガー戦車のレプリカを1台フルスクラッチで製造したなど、画面の量感作りに注意が払われています。

例えば戦車の真っ暗なコックピットの中のシーン。実際にモーションプラットフォームに横を切った砲塔を乗せ、その中での演技が行われています。コックピットの火災シーンなので切断部分を覆った暗幕の隙間から煙が出ています。
映画「ホワイトタイガー・・・」特典映像戦車の特撮撮影中 – YouTube

映画「ホワイトタイガー・・・」特撮撮影中2 – YouTube

また湿原での大戦車戦でも、背景の群衆や戦車などCGで描かれることが多いのに「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」ではほぼすべてが実物。大きな質量を感じさせる戦車が縦横無人に走り回るシーンは、CGでは出せない迫力を感じます。

映画「ホワイトタイガー」撮影シーン① – YouTube

映画「ホワイトタイガー・・・」撮影シーン② – YouTube

映画「ホワイトタイガー・・・」撮影中③ – YouTube

スクラップや改造品とはいえどんどん古い戦車を燃やしているので、保存しなくていいのかとちょっと心配にもなります。
映画「ホワイトタイガー・・・」撮影中④ – YouTube

ドンパチの迫力についてはこのように期待を裏切らない出来なのは間違いありませんが、「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」の魅力はそれだけにとどまりません。

幽霊のように戦場に現われては消え、その姿を見た者は例外なく撃破されるという謎のティーガー戦車「白き虎」。この戦車は本当に存在するのか、それともドイツ軍・ソ連軍の将兵達の恐怖が見せた戦場の幻なのか……過酷で、そして幻想的な物語もまた魅力の一つです。

現在、2014/1/18(土)からヒューマントラストシネマ渋谷で開催されている「未体験ゾーンの映画たち 2014」で公開されているほか、大阪でもシネ・リーブル梅田にて2014年2月27日(土)より上映が決定しております。ハリウッドとはまた違ったテイストの映画が見たい、という人にオススメです。

関連記事

ティーガー戦車1台丸ごと再現したロシア映画「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」上映決定【追記あり】 - DNA

映画「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」に出るはずだった「『ティーガーI戦車』の実寸大・走行可能なレプリカ」は今どこでどうしているのか判明 - DNA

狂気の沙汰、「ティーガーI戦車」の実寸大・走行可能なレプリカの制作風景 - DNA

日本のファンムービーの新境地、特殊部隊が人質を奪還する動画「RELOAD 強襲奪還作戦」 - DNA

「女子高生+ガンアクション」な短編映画「銃撃女子★SGS9R」が出資募集中 - DNA

宮崎駿の描く「戦争」漫画、「宮崎駿の妄想ノート『泥まみれの虎』」 - DNA

ティーガー戦車型の超あたたかそうなスリッパ「Panzer Slippers」 - DNA

ティーガー戦車を女の子に見立てて「付き合い方」を学ぶドイツの「萌え」教本「Tigerfibel」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧