世界のびっくりニュース

脱獄囚「寒すぎるので帰りたいです……」と連絡してきて逮捕


刑務所の中での暮らしは大変だとききますが、だからといって脱獄するのも一苦労。なんとか塀の外に出ることはできたものの、あまりの寒さに遠くまでいくことができずギブアップした脱獄囚が逮捕されました。


脱獄囚のロバート・ヴィックは42歳の男性。窃盗で6年、偽造証券の違法所持で5年の刑が科され、ケンタッキー州レキシントンのブラックバーン矯正施設に収監されていました。

ロバートは脱走に成功するものの摂氏マイナス30度の厳しい寒さに耐えることができず、とうとう近くのモーテルに立ち寄り、フロントマンから警察に連絡してもらったということです。

救急隊員が調べた結果、命に別状はなかったとのこと。そのまま刑務所に逆戻りとなりました。根性があるのかないのかよく分からない囚人ですが、こういう話を見ると「シベリア送り」の効果が改めてよく実感できますね。

ソース:Robert Vick Case: Cold brings escaped inmate back to Ky. prison – CBS News

Blackburn escapee caught at Lexington motel

関連記事

リゾート地にしか見えない……ノルウェーで最もセキュリティが緩い「バストイ刑務所」 - DNA

刑務所を管理して囚人の面倒を見るシミュレーションゲーム「Prison Architect」 - DNA

「自転車発電で刑期短縮」プログラムがブラジルの刑務所で開始 - DNA

凶悪犯罪発生率が非常に高い南アフリカの刑務所はやっぱり劣悪な環境だった - DNA

人が多すぎて環境が悪すぎるブラジルの刑務所の画像いろいろ - DNA

「本を読めば4日間刑期短縮」ブラジルの刑務所でユニークな試み - DNA

南アフリカの元死刑囚たちのタトゥー写真集「Life After」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧