世界のびっくりニュース

世界で一番活気があった70年代のニューヨークをスーパー8で撮影した動画


アメリカの文化の最先端というと今では西海岸の話題ばかりが取り上げられますが、ITの波がやってくる前はなんといってもニューヨーク。世界で一番いろいろなものが見られる場所だった街の70年代を、スーパー8がとらえていた貴重な動画です。


動画はこちらから。ジョン・コルトレーンの「マイ・フェイヴァリット・シングス」に乗せて、ニューヨークの街角が次々と写る趣向。
New York in the 1970s, filmed in Super 8 by Irving Schneider – YouTube

当時の地下鉄のグラフィティなども見てみると、謎のエネルギーに満ちていたことがわかります。永遠にあこがれの街です。

関連記事

グラフィティだらけ、70~80年代のニューヨークの地下鉄は謎のエネルギーで満ちていた - DNA

1976年代、ジウジアーロがデザインしたニューヨークのタクシーがすごい - DNA

世界各地の映画スタジオに作られた「ニューヨークの街角」いろいろ - DNA

モノクロームなのに活気が伝わってくる1930年代半ばのニューヨークの画像 - DNA

映画のワンシーンのように雰囲気のある、ニューヨークの街角の売店の画像いろいろ - DNA

「俳句」で「ニューヨークタイムズ」の記事を圧縮する試み「Times Haiku」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧