エンタメ

新・ハリウッド版「ゴジラ」の予告編動画がものすごく期待できそう


1998年のハリウッド版「GODZILLA」は散々に怒られたあげくに同年のゴールデンラズベリー賞最低リメイク賞を受賞、挙句の果てには「やっぱりマグロ食ってるようなのはダメだな」とまで言われたデキなのですが、2014年に公開される新ハリウッド版はそんな印象をブッ飛ばすものすごく期待できそうな予告編をもってきました。

動画はこちらから。
Godzilla – Official Teaser Trailer [HD] – YouTube

「ゴジラ」は水爆実験で突然変異した恐竜が東京を襲うという物語でした。第1作公開前年の1953年に行われたビキニ環礁における核実験のイメージをゴジラに仮託し、制御できないほどに進化した科学技術への恐怖と、それに対してまた科学技術で立ち向かう人間の矛盾を描くという大スケールのコンセプトが、日本のみならず諸外国でカルトな人気を呼んだようです。

人間には理解できない、ただ破壊と恐怖をもたらす存在として描かれていた「ゴジラ」はしかし、次第にアンギラスやキングコングといった外敵から人類を守る存在に化していきます。元々のイメージを忘れたゴジラは、それに比例するかのように露出を減らしていくことになりました。

しかし今回の新ハリウッド版では、ふたたび純粋な恐怖の象徴として描かれているようです。サンフランシスコを舞台に暴れまわるゴジラに対し、人類はどのような手段で立ち向かうのでしょうか。製作は「パシフィック・リム」も手掛けたレジェンダリー・フィルム。公開予定は2014年5月16日。日本では2014年7月25日となっております。

関連記事

昭和感満点でものすごく見たくなるファンメイドトレーラー「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」 - DNA

「パシフィック・リム」の「あのプロローグ」がどう作られたのかが分かるメイキング動画 - DNA

史上最もキュートな「チェルノ・アルファ」のコスプレはこれだ - DNA

「トランスフォーマー3」驚愕の特撮技術、ビルとビルの間を生身で飛ぶシーンはどうやって合成した? - DNA

自分の目が信じられなくなるくらい特撮てんこ盛りな映画の完成シーンと実際の撮影現場を比較した写真7パターン - DNA

60年代テイストのナチスドイツと戦うアクションコメディテレビドラマ「Danger 5」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧