科学と技術

カラシニコフ自動小銃のチャージングハンドルを左側にも出せるキット「Ratchet Charging System(RCS)」


現代的な自動小銃は右利き・左利きどちらの人も使いやすいアンビデクストラス・デザインが主流ですが、既に半世紀以上も現役であるカラシニコフ・シリーズは右側にしかチャージングハンドルが出ておらずやや操作しにくいと言われています。この弱点をカバーするのがこのキット「Ratchet Charging System(RCS)」です。


Parabellum Armament社の「Ratchet Charging System」はこのようにチャージングハンドルを左側に出せるパーツ。既存のガスチューブを置き換えて装着します。

カラシニコフ自動小銃の「欠点」が語られる時には必ず問題になるのがこのチャージングハンドル。右側に出ているため左手では操作しにくいという意見がよく聞かれます。最新型のAK-12では両側から操作できるよう改良されました
Travis Haley Pro-Tip: AK Charging Techniques – YouTube

基本的には練習すれば大丈夫ではないか……と思いますが、どうしても右と左の両方にチャージングハンドルが欲しい!という人にはオススメのアイテムです。

説明動画はこちらから。
The Ratchet Charging System (RCS) – YouTube

関連記事

AK-47アサルトライフルを最新のテクニックで使いこなす「Adaptive Kalash」予告編 - DNA

超ロングセラー、第5世代カラシニコフ小銃「AK-12」の動画が公開 - DNA

悲運の最新アサルトライフル「AK-12」の最新実射動画 - DNA

[字幕動画]トラヴィス・ハーレイが語る「エアガンで効果的な訓練を行なう方法」 - DNA

アメリカ軍、なぜかAK-47用弾倉を59万2千825個調達 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧