アートとデザイン

意外とストーリーが理解できる「ターミネーター2」を60秒に圧縮した動画「 Speedrun: Terminator 2 Judgement Day in 60 seconds」


ジェームズ・キャメロン監督の「ターミネーター2」は間違いなくSF映画の一里塚と言える象徴的な作品ですが、これを60秒に圧縮すると意外なほどに場面転換が少なく、シンプルで分かりやすい映画になっていたことが分かります。名作には名作の理由があるのですね。


「タイムスリップもの」は時間線の移動やループなど複雑になってしまうものが多いのですが、「ターミネーター2」は敵の登場、味方の登場、戦いの理由の提示、解決という非常にシンプルなストーリーラインになっているのが分かります。

うっかりすると淡泊になりそうなところを一つ一つのシーンに見せ場を作って、面白い活劇にしているわけですね。以前、同じくキャメロンが監督した「エイリアン2」を60秒に圧縮した動画を紹介しましたが、あれよりも行ったり来たりがさらに少なくなって、ストレートな作品になりました。
Speedrun: Terminator 2 Judgement Day in 60 seconds – YouTube

最近のハリウッド映画は、いろいろなテーマやメッセージ性を盛りこんだ映画を量産しようとするあまり、かなりムリがあるものが多いようです。爽快なものは爽快なままがいいですね。

関連記事

後半2/3が大騒ぎ、傑作SF「エイリアン2」を60秒に圧縮した動画 - DNA

更にカオスな状態に、映画「パルプ・フィクション」を60秒でまとめた動画 - DNA

SF大作映画を極限まで絞込んで60秒にまとめた手作りアニメーション動画「Speedrun」3作品 - DNA

レプリカントとひたすら追いかけっこ「ブレードランナー」を60秒に圧縮した動画 - DNA

見るだけで不安になってくるファイト・クラブを60秒に圧縮した「Speedrun: Fight Club in 60 seconds」 - DNA

「ローマの休日」をフロッピーディスク1枚に収まるまで圧縮するとこうなる - DNA

「ブレードランナー」を1万2千597枚の水彩画でアニメーションにした「Blade Runner – The Aquarelle Edition」 - DNA

違和感ゼロ、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に「ナイトライダー」のマッシュアップ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧