世界のびっくりニュース

深海にすむ巨大イカ「マーニャピンナ」の禍々しすぎる画像


地球に残された最後のフロンティア・深海。特別な装備がなければ探索はおろか、たどり着くことさえ不可能なこの秘境には、想像を絶する生き物が住んでいるようです。


こちらがマーニャピンナイカ(Magnapinn)。足の長さは約7メートルほどにもなり、これを海底に引きずることで食べ物を得ています。こんなものが突然カメラに写りこんだら変な声がでそうです。

世界中の深海にいるようですが生体が捕らえられたことはまだありませn。また目撃例もあまり多くなく10回程度。1998年にはインド洋で「しんかい6000」も遭遇しています。

2007年、メキシコ湾にあったシェル社の石油掘削リグの下2386mの地点で無人探査船のカメラにとらえられたそうです。元々は動画だったものを合成した画像となっています。
Deep-sea squid (Magnapinna sp.) – YouTube

ソース:An amazing image of the elusive big-fin squid | Deep Sea News

Bigfin squid – Wikipedia, the free encyclopedia

関連記事

300年前から近代まで、未知の深海に挑んだ潜水服の進化の歴史をまとめた写真33枚 - DNA

1459年頃にドイツの剣術家がデザインした潜水服のイラスト - DNA

6本脚でわしゃわしゃ動く多脚戦車ロボットのラジコン発売、イカす名前を募集中 - DNA

重さ約2トン、ターボディーゼルでわしゃわしゃ動く多脚歩行機械「Mantis」の動画 - DNA

レゴで作った「攻殻機動隊」の名物メカ、「タチコマ」の再現度がかなり高い - DNA

かつて地球上に生息していた奇妙な古代生物のカラー復元イラスト25選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧