エンタメ

超大型UFO大災害映画続編「インディペンデンス・デイ2」公開は2016年に延期


壮大なスケールの宇宙ドラマをやらせるならこの人しかいないという監督・ローランド・エメリッヒのUFOディザスター映画の続編「インディペンデンス・デイ2」の制作発表はファンにショックを与えましたが、制作は1年押しで遅れる見込みであることが明らかになりました。


「インディペンデンス・デイ2」は当初2015年7月に公開予定となっていましたが、主演俳優陣の一人であるウィル・スミスのスケジュールを確保することができないため、1年後ろ倒しになるということです。

ウィル・スミスは「メン・イン・ブラック3」の撮影でもかなり厳しい条件をつけ、大幅な遅延を出したと言われています。

あらすじは未だ不明ながらも、スミスが出演しない場合の「プランB」脚本もすでに用意されているとのこと。「代役」には「クロニクル」のマイケル・B・ジョーダンの名前もあがっており、2016年の予定は「最終防衛線」となりそうです。

他の出演は前作での大統領役ビル・プルマン、科学者役のジェフ・ゴールドブラムも予定されています。

ソース:INDEPENDENCE DAY 2 Will Now Be Released in 2016 — GeekTyrant

関連記事

エリア51で働いてたけど何か質問ある? - DNA

映画のミニチュアセットに巨人スタッフが写りこむ舞台裏の風景いろいろ - DNA

いかにして「アイアン・スカイ」は成し遂げられたか~ティモ・ヴオレンソラ監督インタビュー - DNA

月面ナチ映画「アイアン・スカイ」続編「Iron Sky The Coming Race」制作発表、オモシロ動画で資金提供募集中 - DNA

すべての物語はつながっている……SFの歴史をまとめたインフォグラフィックスがすごい - DNA

古今東西いろいろなSFに登場する宇宙船のサイズ比較用超巨大チャート - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧