ネット・PC

情報を立体的に表示して触れるようにするディスプレイ「inFORM」


従来のディスプレイは平面である以上、二次元以上のデータを表現するにはやはり限界があります。最近はOculus Riftなど色々な3D表示デバイスがありますが、物理的に3Dにするのがやはり直感的でベスト。MITのメディアラボでは、ブロックを浮き上がらせて情報を「表示」する立体ディスプレイを開発しています。


動画はこちらから。
inFORM – Interacting With a Dynamic Shape Display

inFORMは情報を受け取り、空気圧でブロックを動かす表示装置。ブロック1つがドット1つに相当すると考えると分かりやすいかもしれません。

上部のプロジェクターの光で着色すると、このように3次元的な関数も綺麗に表示できます。

タブレット端末をみながら物をさわって動かしているところ。トップ画像のようにチャットで「触覚」を伝えることもできます。

形状と色を再現できるので、3Dモデルを表示するには最適。これは自動車のモデルを表示しているところ。ブロックが大きいので粗く見えていますが、解像度が上がれば面白そうですね。

触ると反応したりするので表示だけでなくコンピューターのインターフェイスとしても面白そうですね。

ソース:Tangible Media Group

関連記事

ボタンとメーターとディスプレイが山盛りな飛行機のコックピットの画像22枚 - DNA

「ディスプレイ」と「紙」……写真の最終出力先を考える - DNA

最新3Dヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を使った断頭台シミュレーター「Disunion」の動画 - DNA

机の表面とディスプレイをシームレスに繋いだ新世代ワークスペース「BendDesk」 - DNA

全長6メートルの巨大マルチタッチディスプレイで大艦隊戦が楽しめるゲーム「Fleet Commander」 - DNA

「こんな環境でゲームが出来ればもう何もいらない」と思える超豪華なシステム - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧