ネット・PC

2Dのドット絵なのに3Dっぽくライティングができる画像ツール「Sprite Lamp」


一時期「3D全盛時代、ドット絵を描ける人が減っている」と言われたことがありますが、携帯ゲーム機やスマートフォン向けのゲームが大流行している昨今、マシンパワーを食わない2Dゲーム向けにドット絵が復権しています。そこで問題になるのが作業量の削減。「Sprite Lamp」は2Dのキャラクタに対し、まるで3Dオブジェクトに対してのようにライティングを変えたイメージを出力できるツールです。


「Sprite Lamp」は光源の位置の変化とともに陰影が変化する「ダイナミックライティング」を2Dのスプライトに対して適用できるアプリ。

「松明の前を通り過ぎると影の向きが変わる」「銃を発射すると火炎が一瞬顔を照らす」といった演出は3Dではもはや当たり前ですが、2Dでこれをやるとなると光源の角度ごとに1枚1枚ドット絵を描くことになり、ものすごく作業量が増えてしまいます。「Sprite Lamp」は2枚からのライティングプロファイルから、自動的に陰影を付加したスプライトを出力してくれます。

まず陰影なしのディフューズ・マップを作成。

次に陰影を付けたライティングプロファイルを2つ以上作成。図では4つです。多ければ多いほど精度は上がります。

あとは「Sprite Lamp」で合成し、光源の方向を決めればそれに応じたスプライトが出力されます。

上下方向の変更にももちろん対応。奥行き方向の光源移動も表現できます。陰影の処理だけでなく深度マップも作成できるので、3D表示の際の奥行きの表現にも対応しています。

このソフトは現在開発中。作者のFinn Morganさんによればこれからkickstarterで出資を募集していくということです。

ソース:no-title

関連記事

テトリスで自動的にドット絵を描いていくすごいアルゴリズムが開発される - DNA

ウルトラ難度のドット絵、「テトリス」でルイージを描く動画 - DNA

ドット絵が想像力を刺激する1978年のアタリのゲームカタログの画像 - DNA

ゲームでよく見る「あの宝箱」を完全再現したデザイン段ボール「あの宝箱(仮)」 - DNA

日本の2大アート「ゲーム」と「浮世絵」をマッシュアップした力作「Ukiyo-e Heroes」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧