アートとデザイン

「ゲームのタイトル画面」がいかに映画に近づいて行ったか時代を追ってマッシュアップした動画


映画とゲーム、当初はまったく別のものだったゲームのタイトル画面が次第に映画に近づいていくのが分かるマッシュアップ動画です。


A Brief History of Video Game Title Design

ゲーム機の性能向上とともに、クリエイターの想像にとどまっていたものが表に出てくるようになり、ゲーム以外の分野からの影響が増していったのがよく分かります。

とはいえ、今求められているのは「ゲームにしかできないこと」。なんでもできるようになった今だからこその難問です。

関連記事

「映画の中でその映画のタイトルを言うシーン」80連発動画 - DNA

ジェームス・ボンド50周年、「007」の歴史を振り返る全24タイトルのポスター - DNA

1937年から2012年にアメリカで製作された243本のアニメ映画のタイトルをマッシュアップした動画 - DNA

映画「キック・アス」のあらすじを8bitゲーム風に紹介する動画「Kick Ass – 8 Bit Cinema!」 - DNA

8bitゲーム風に映画「シャイニング」をアレンジするとこうなる - DNA

ルネ・マグリットの作品を8ビット風に描き直したイラストいろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧