アートとデザイン

1976年、初めて公開された「スター・ウォーズ」のティザー予告編はこんなのだった


観客の興味をひくようちょっとずつ中身を紹介していくのがティザー広告。1977年に公開された「スター・ウォーズ」は前年の1976年から宣伝が行われており、これが史上初めて一般観客が目にした「スター・ウォーズ」の姿となります。「これは少年、少女、そして大宇宙の物語……」というナレーションに実にワクワクさせられますね。


動画はこちらから。
Star Wars: Teaser Trailer – YouTube

「遠い昔、はるか銀河のかなたで……」という有名なフレーズではじまるスター・ウォーズですが、このティザー予告編では「いままさにこの宇宙で起こっているかもしれない」とナレーションが入るなど、まだまだ世界観が出来上がっていなかったのをうかがわせます。

映画の制作がすすむとともにシーンやジョン・ウィリアムズのサントラが追加された予告編ができていきます。ロゴはポスターなどに使われた台形のものとなっています。
Star Wars A New Hope 1977 Trailer – YouTube

そして公開されたオープニングがこちら。やはりこのテーマ、このロゴでないと盛り上がりませんね!
Star Wars Episode IV A NEW HOPE Opening 1977 (VHS) – YouTube

関連記事

CG不使用・全部DIYでスター・ウォーズ第1作のラストシーン、あの「トレンチ・ラン」を完全再現した比較動画 - DNA

「スター・ウォーズ」の俳優たちの当時と現在を比較した写真いろいろ - DNA

スター・ウォーズの「帝国のマーチ」をベートーヴェン風にアレンジして即興演奏するすごい音大教授の動画 - DNA

すさまじき自主制作、80年代アニメ風「スター・ウォーズ」の動画がすごい - DNA

みんなで15秒ずつ「スター・ウォーズ」を再現するプロジェクト「Star Wars Uncut」が堂々の完成 - DNA

チュニジアの砂漠に廃墟化しつつも残っていたスター・ウォーズに登場する惑星「タトゥイーン」のロケ地跡の写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧