世界のびっくりニュース

ソマリアの作戦で失敗したSEALsチーム6の「忘れ物」がいろいろと公開される


2013年10月5日、アメリカ軍はリビアとソマリアでそれぞれデルタフォース、シールズ・チーム6によるアルカイダ要人捕獲作戦を決行しました。しかしリビアでは成功するもソマリアのシールズはこれに失敗。「武装組織アル・シャハブに『人間の盾』を使われたため撤退した」と報じられていますが、現地メディアがこのチームが撤退するさいに残したとされる「忘れ物」の写真を伝えています。


見つかったのはGarmin社のGPS、Magpul社のEMAG(樹脂製のSTANAG互換弾倉)、MP7短機関銃の弾倉、ラインメタル社製のMK13フラッシュバンなど。

Garmin社のforetrex401。特殊部隊で使用されているのをよく見かけます。

実際にシールズ・チーム6がこれらの物品を回収できずに撤退したのか?というのは疑問が残るところ。例えばEMAGなどの樹脂弾倉について、アメリカ陸軍と海兵隊が2012年に使用を禁じていますし、発火させたフラッシュバンの安全ピンがそのままになっていたりと疑問点がたくさん見られます。

ソマリアでは2013年初め、フランス軍が同国の工作員を救出する作戦を行い失敗しています。この時の武装組織も同じアル・シャハブであることから「この時回収した装備を使いまわしてプロパガンダにしているのではないか」とも言われています。


近年はどんなにマイナーな武装勢力でも、地元メディアやインターネットを通じた広報活動、もっといえばプロパガンダを行っています。おそらくはこういう装備品の回収と公開についてもノウハウを持っているのではないでしょうか。

ソース:Saxaafada Shabaab oo soo bandhigtay qalab ay ku sheegeen inay ka tageen ciidamadii ajaanibta ahaa ee xalay weeraray Baraawe | Dhanaan.com

関連記事

[閲覧注意] 北朝鮮の恐ろしすぎるプロパガンダ・ポスター12枚 - DNA

北朝鮮の「プロパガンダ学校」を取材した貴重なドキュメンタリー映像 - DNA

米海軍特殊部隊ネイビー・シールズ(Navy Seals)はなぜ「ハイ・レディ」ポジションを多用するのか、シールズの現役少佐に直接聞いてみた - DNA

第2弾決定、リアル過ぎる戦争映画「Act of Valor(邦題:ネイビーシールズ)」新作はSWAT部隊が主人公 - DNA

これは大人版キッザニア、「ビンラディン殺害作戦」を体験できるアトラクションが登場 - DNA

日本のファンムービーの新境地、特殊部隊が人質を奪還する動画「RELOAD 強襲奪還作戦」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧