世界のびっくりニュース

赤外線コンタクトレンズを使ってイカサマをしていたギャンブラーに判決


お金が集まるところにはそれを狙って悪い人たちが集まるもの。カジノはイカサマギャンブラーと日々戦っていますが、ギャンブラー側もどんどんハイテクで武装を重ねています。


その昔のカジノであれば、統計的にカードを読み通す「カウンティング」やら、重りの入ったサイコロ、カードのすり替えなどギャンブラー自身のテクニックを使ったアナログな方法が通用していましたが、徹底的に監視されている現在のカジノではこれらの技術は当然使うことができません。

コードネーム「パルメサン」ことステファノ・アンポリーニがフランス南部・コートダジュールのカジノで行ったイカサマはかなり大規模なものでした。

まずカジノの従業員2人を買収し、肉眼では見えない特殊なインクでマーキングされたカードを、カジノの在庫の中に紛れ込ませます。そして中国企業から2000ユーロ(約27万円)で購入したコンタクトレンズを着用し、さらに同じテーブルにカードの内容を知らせる協力者2名を座らせるという万全の体制でイカサマに臨みました。

しかし、初日に7万ユーロ(約932万円)という巨大な勝ちをせしめたパルメサンにカジノ側が注目しないわけがありません。調査の結果、ディーラーに勝つことだけを狙って「いい手が来ているのに降りる」など不自然な行動が発覚し、パルメサンのイカサマが見破られることとなったのです。

パルメサンに対しては10万ユーロの罰金と懲役2年の判決、他のメンバーについてもかなり重たい判決が言い渡されました、いくら技術が進歩しても、セキュリティの最後の要は人間ということです。

ソース:Card sharp used infrared contact lenses in Cannes poker scam – Telegraph

関連記事

カジノの監視カメラをハッキングして相手のカードを見るイカサマで約31億円を強奪 - DNA

かわいいレゴvsダニエル・クレイグ、「007 カジノ・ロワイヤル」の再現動画とホンモノを比較した動画「Lego Casino Royale」 - DNA

「ガン患者がいつ死ぬか」台湾の地下ギャンブル場で行われているとんでもない賭け - DNA

異性愛者の堅苦しさを茶化すラスベガスの同性愛者向け観光キャンペーンのポスター - DNA

ラスベガスの地下水路を自分の家にしてしまった人々の画像 - DNA

砂漠に人工的に作られた2つの都市、ドバイとラスベガスの昔と今 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧