世界のびっくりニュース

[速報]iPhone5Sも50口径対物ライフルに対する脆弱性は克服できなかったことが判明


スマートフォンやタブレットがアサルトライフルや対物ライフルの射撃に耐えられるかどうかをテストしている「RatedRR」チームが、先日発売になったiPhone5Sに対してさっそく試験を行い速報を出しています。ゴールドカラーもiOS7も50口径に対する脆弱性を克服するには至らなかったようです。


動画はこちらから。速報版ということでGoogle Glassで撮影された動画が公開されています。
Gold iPhone 5S vs 50 Cal #ThroughGlass Google Glass – YouTube

もちろん毎度のように風穴が空いてしまうわけですが、弾が止まらず内側から破裂しないというのは1枚の薄板のように剛性が高いという証拠。iPhone4から続くこの頑丈さにも毎回感心してしまいます。柔らかめの外部のバンパーを付けておけばさらに安心ですね。

ポケットに入っていたiPhoneのおかげで弾の勢いが落ちて致命傷にならずに済んだケースもあるので買ってもムダにはならないと思われます。

関連記事

マグプル社のiPhone5ケース「Magpul Field Case」がさらに新色展開 - DNA

iPhone 5の「50口径のライフル弾に対する脆弱性」はどれくらい改善したのかが分かる動画 - DNA

脆弱性再び、「新しいiPad」もライフル弾を止められないことが判明 - DNA

次々見つかる脆弱性「新しいiPad」は高出力レーザーにも弱い - DNA

iPhone4Sの意外な弱点、50口径のライフル弾には耐えられないことが判明 - DNA

「50口径に耐えるiPhone4」やっと実現、厚さ1インチの装甲ケースが発売 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧