科学と技術

ありそうでなかった?人間工学的にとても正しい構造のショベルの動画


名人の道具は1周してとてもシンプルなものになってしまうのがほとんど。なので工具や楽器の基本的な形というのはあまり進歩はしていません。それでももし、あえて改良してラグジュアリーなショベルを作ったらどうなるでしょうか。


ショベルを使った掘削作業はそれこそ数百年の歴史がありますが道具の方はあまり進化していません。ある意味すでに究極の形となっている、といえるかもしれませんがBosse Toolsはここにビジネスチャンスがあると考えたようです。

まずハンドルを改良。ただの棒ではなく、角度を変えられる持ち手になりました。

体格や用途に合わせて最適な角度を選ぶことができます。

足かけ部分はこのようなデザインに変更

まっすぐ踏み込めるので力が逃げません。

Bosse Toolsでは他の工具にもこのデザインを生かしてビジネスにしていこうと考えているようです。

「最高級ショベル」というのは市場としてはものすごくニッチですが、ひょっとしたら待ち望まれている製品なのかもしれませんね。

現在Bosse ToolsはKickstarterで出資を募集中。どれくらい売れるのか見てみたいので、ぜひとも実現してほしい商品です。
Bosse Tools – Shovel – YouTube

なお、ショベル単体の効率を上げるよりも作業人数を倍にすればいいんじゃ?といつも考えている中国人民共和国軍のショベルはとっても多機能。これ1本あれば戦争にも勝てそうな勢いです。
Chinese Military Shovel WJQ-308 (HQ + Full length) – YouTube

The Ergonomic Shovel by Bosse Tools: Made in America by Stephen Walden — Kickstarter

関連記事

Microsoft社、エルゴノミクスキーボードの新製品「Sculpt Ergonomic Desktop」を発表 - DNA

ロシア製、マッチョすぎる「ショベルUSBメモリ」のDIY - DNA

どこでも手に入るシャベルとガラクタから射撃可能なAK-47自動小銃を作る方法 - DNA

工具好きにはかなりたまらない国際宇宙ステーションISSの工具箱の画像いろいろ - DNA

「足踏み式旋盤」を人力ツールだけで作る方法を詳細に解説するタイムラプス動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧