世界のびっくりニュース

暴力を音楽に、押収された銃を再利用して作られた自動演奏装置「Disarm」の動画


銃という暴力の装置を、平和を奏でる楽器にすることはできないのか……というアイディアから生まれたのが、様々な銃の様々なパーツを用いて作られた自動演奏マシーン「Disarm」。銃の持つメカニカルな雰囲気が演奏にマッチしています。


この作品はIntelとVice Mediaグループが共同で開催している「The Creators Project」に出品されたもの、最新の技術を使ったポップアート作品を生み出すクリエイターを支援するプロジェクトで、この「Disarm」はメキシコ軍が押収した武器からPedro Reyesが作り出したもの。

Turning Weapons Into Instruments | Pedro Reyes ‘Disarm’ – YouTube

作曲と楽器の制作は同時進行で行われたため、各楽器の音を録音した架空の楽器上で作業が行われました。

銃を平和を表現するアートに直すことについて、作家は松尾芭蕉の故事を引いています。

芭蕉の弟子(宝井其角)が
「あかとんぼ/はねをとったら/とうがらし」
という句を詠んだところ師匠の松尾芭蕉は
「とうがらし/はねをつけたら/あかとんぼ」と返したそうです

芭蕉は技術だけが俳句を構成するとは考えていませんでした。その対象物、あるいはイメージが新しい角度から見られた時、何か別の意味が付け加えられ、明らかになった時に得られる洞察・直感こそが俳句を構成するとしていました。

銃を否定するために単純に銃を廃棄するのではなく、何か別の役割を与えることを「Disarm」では選択したのですね。

現状では一山いくらの銃も、博物館級のものも同じようにシュレッダやガスバーナーを使って寸断して、屑鉄として処理します。
▶ GunBustersUSA Intro – YouTube

関連記事

南米・ベネズエラで大量の違法銃器を処分している写真いろいろ - DNA

メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎ - DNA

寮の1室をエアソフトガンのカスタム工房にしていたニューヨーク大学の生徒が逮捕 - DNA

[閲覧注意]世界の税関で押収されるすごく珍しい密輸品いろいろ - DNA

どこでも手に入るシャベルとガラクタから射撃可能なAK-47自動小銃を作る方法 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧