アートとデザイン

映画「エイリアン」の「チェストバスター」はどうやって動かされていたのかがわかる動画


「フェイスハガー」によって産み付けられた卵が体内で孵化し、胸を突き破って出てくるのが「チェストバスター」。あの小さなサイズで実に自由にウネウネと動いていたのが印象に残っていますが、その作りがよく分かる動画です。


歯科用のアクリルから切り出した円盤を背骨状にならべ、そこに8本のワイヤーを通すことで非常に有機的な動きを可能としました。このワイヤーはジョイスティックに接続され、自由に動かすことができたそうです。

動画はこちらから。ナレーションは「エイリアン2」でクリーチャーの特撮を担当したスティーブン・ノリントン。ある意味生みの親が子どものことを語っています。
ALIENS Behind-the-Scenes Chestburster Mechanism Test with Stephen Norrington – YouTube

関連記事

後半2/3が大騒ぎ、傑作SF「エイリアン2」を60秒に圧縮した動画 - DNA

誰でもエイリアンを体の中から飛び出させることができるARアプリ「Chestburster」 - DNA

レゴで作った「エイリアン」の実寸大フェイスハガーがすごい - DNA

エイリアンと戦った後の宇宙船のモップかけやゴミ拾いをするだけの異色FPS「Viscera Cleanup Detail」 - DNA

初代「エイリアン」が演技の練習をしているテスト撮影の動画 - DNA

ホラー映画をビクビクしながら見ているネコの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧