世界のびっくりニュース

一見普通なのに、ただならぬ雰囲気が漂うイギリスの田舎の村の画像


広場を中心とした十字路にそって家が並ぶ、とあるイギリスのひなびた村。一見どこにでもあるようなものに見えますが、なぜかただならぬ雰囲気を持っています。実はこの村、とある特殊な目的をもたされているのです。

1. イギリス南部、ウィルトシャーにあるCopehill Downの村、遠めにはごく普通の村に見えます。


大きな地図で見る

2. ちょっと違和感を感じるところもありますがごくごく普通の家。

3. 「敗れ去ったもの」の守護聖人であるタダイ

4. 窓が全部板張りですね。

5. ここはイギリス軍のFIBIA(市街地戦闘)訓練用にわざわざ1から作られたダミー村なのです。

6. 1988年、ドイツ南部バイエルン地方の村を模して作られました。冷戦時代のヨーロッパでの戦いのほか、北アイルランドでの対テロ作戦の訓練でも使われたそうです。

7.

8.

9.

10. 洗濯物は視界をさえぎる邪魔者

11.

12.

13.

14.

軍の施設なので民間人の立ち入りは原則禁止されているのですが、エアガンを使ったサバイバルゲームのフィールドとしてよく使われているようです。こちらはCopehill Downでのゲーム風景。実に楽しそうです。
AIRSOFT Copehill Down 2 – YouTube

Copehill Downはダミー村ですが、イギリスには廃村を利用したサバイバルゲームフィールドが非常にたくさんあり、毎週様々なイベントが行われています。
15. Airbana – UK Airsoft Skirmish Sites Map

ソース:Copehill Down – Sleepy English Village with a Difference ~ Kuriositas

関連記事

もはや話芸「一番印象に残っている訓練教官の罵倒を教えて」スレッドに集まった罵倒表現いろいろ - DNA

アメリカ軍の訓練教官たちが素敵な表情で怒鳴りまくっている写真29枚 - DNA

アメリカ軍の「訓練用アフガン村」の画像15枚 - DNA

[閲覧注意]訓練用のリアルすぎる負傷兵マネキン「Tactical Operations Medical Manikin」 - DNA

長さ約50分、海外のエアガン愛好家が自主撮影した訓練ビデオがすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧