世界のびっくりニュース

火炎放射器を搭載した武装車椅子「ロード・ヒューマンガス」の画像と動画


足が不自由な人にとっては車椅子や松葉杖は体の一部。だから個性を持たせたい……というコンセプトで、いろいろなデザインが試されているそうですがこちらの武装車椅子「ロード・ヒューマンガス」はかなりパンチの効いたつくりになっています。

1. 「ロード・ヒューマンガス」は電動ゴルフカートにゴツいタイヤ、ヘリの座席、火炎放射器を組み合わせたシロモノ。名前の由来はおそらく映画「マッドマックス」だと思われます。

2. 制作したのはアメリカ・アリゾナ州にする歯科技工士の男性ランス・グレートハウスさん。ガラクタ置き場に捨てられていたヘリの座席を見て「これだ!!!」と思いついたそうです。

3. フル装備状態。

火を吐く雄姿の動画はこちらから。

こちらはアメリカで作られた全天候型車椅子。あらゆる地形を走破できます。ジョーク製品ではなく、例えばハンティングを趣味としているお年寄りに需要があったりするそうです。人間は技術の力でどこまででも行けるのです。
Action Trackchair Story – YouTube

ソース:Engineer builds wheelchair fitted with a FLAMETHROWER | Mail Online

関連記事

リビア内戦の反体制派が使用する手作り感溢れるDIY兵器いろいろ - DNA

「対戦車ロケットをもったテロリストの格好」でウロウロすると何分くらいで警察が来るのか? - DNA

見た目も武器、ものすごいビジュアルで戦うアフリカの怒れる武装集団の写真いろいろ - DNA

究極のゴツゴツ感、ロシアの攻撃ヘリの画像いろいろ - DNA

[字幕動画]リビア紛争・反体制側勢力の「DIY兵器工場」 - DNA

子どもの危険に備えてガンマウントを装備した乳母車 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧