科学と技術

イカつさ満点、旧ソ連の軍用コンピュータで使用されていたメモリキューブがオークションに登場


極限の状況下で使用される軍用コンピュータには絶対の信頼が求められます。それ故に「軍用規格」は信頼と実績の証となるわけですが、こちらの旧ソ連軍用コンピュータのメモリキューブはそういう細かいことをブッ飛ばしてしまう迫力に満ちています。ひとことで言えばカッコイイです。


1. 詳しい内容は不明ですが、BP-20は12×14×13cm、重さ1kgという非常にずっしりとしたメモリキューブ。容量4096ワードだそうなので、8bitCPUだと4キロバイトとなるでしょうか。今では4ギガバイトがフリスクのケースサイズなので、隔世の感があります。

1983年製。1985年にはソ連の教育現場にヤマハのMSX端末が導入されているという記録があるので、当時でも旧式に属する電子計算機の保守用部品だと思われます。

2.

3. これが巨大な筐体の中にいっぱい刺さっているところを考えるとゾクゾクするほどかっこいいですね。

4.

5.

6. 執念のはんだ付け&配線。

7.

8.

9. 補助回路もこのかっこよさ。

10.

11.

12. 電子機器というよりも工芸品ですね。

13.

14.

15. マニュアル付き。

16.

17.

冷戦時代、もし核ミサイルの発射コードが入った金庫が開けられなくなったらどうするか……という問題に対して「金庫のカギをハンマーで破壊する」というソリューションを用意していた旧ソ連軍ですが、このメモリキューブにもその辺りの枯れた思想が見受けられます。

欲しい人は2000ドル(約20万円)で即決可能。ただしロシアから発送となるのでいろいろ自分で頑張れる人向けとなっています。

ソース:Ussr Soviet Russian Military Ferrite Core Memory Stack Cube Manual Quite Rare | eBay

関連記事

ソ連で資本主義の象徴「コカ・コーラ」を飲むのは非常に大変だった - DNA

旧ソ連も目をつけた、アメリカ合衆国国防総省ペンタゴンの中庭にある「ある建物」の意外?な正体 - DNA

ロシアの戦略ミサイル軍は最終兵器「核ミサイル発射用ハンマー」をもっていた - DNA

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ - DNA

色々と魔改造されてしまったソ連の名銃「PPSh-41サブマシンガン」の画像 - DNA

旧ソ連の遺産か、ネコを使ったテレパシーの動物実験動画 - DNA

世界初の有人宇宙飛行に成功した「ヴォストーク宇宙船」の同型機がオークションへ - DNA

銃口が跳ね上がらない幻の射撃競技用ピストル「MC-3」 - DNA

滅びの美しさ、混沌の中にあった90年代のソビエト連邦の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧