科学と技術

ライフルにピストル用のホルスターを装着できるデバイス「GripShot」


最近の銃は統一規格のレールがついていて、そこに様々なアクセサリを付けるのが流行しています。「GripShot」はそこにピストルのホルスターを装着してしまおうというデバイス。いろいろと大マジメにメリットが語られています。


GripShotは、銃のレールにホルスターを装着できるデバイス。

通常、メインのライフルにトラブルが出た場合、このように腰からピストルを抜きます。動作も大きく、銃口が敵から外れるために危険です。

GripShotならこの通り、銃口は外れず極小の動きでピストルを抜けます。

腰のホルスタと違い、伏せたままでも抜きやすいのも特徴。

普通のピストルの他に、電撃で相手の動きを止めるテーザー銃を装着しておけば、場合によって実弾と電撃を使い分けることができます。

ただし抜いた後、再びライフルに持ちかえるときはピストルを捨てることになります。

動画はこちらから。ライフルをなくすとピストルまで失うという最悪なデメリットもあるので色々と注意が必要ではないでしょうか。
▶ GripShot.wmv – YouTube

ライフルからピストルに持ちかえる従来の方法との比較動画。
GripShot vs Traditional – YouTube

いろいろマジメに考えた末に謎のガラクタが出来上がるというのはよくあること。こちらはSTRAC社のF.A.S.T.システムと呼ばれるマガジン保持デバイスです。要するに「マガジンのマガジン」で、箱から1個ずつマガジンを取り出すことができる装置なのですが……絶対壊してそこらにマガジンをばらまいてしまうことは想像に難くありませんね。
Milspecmonkey STRAC FAST System First Impressions – YouTube

ソース:GripShot | When Seconds Count

関連記事

iPhoneやiPodをライフルのHUDに変身させるデバイス「Inteliscopes」 - DNA

兵士の筋力をアシストする「スキンスーツ型強化外骨格」をDARPAが開発中 - DNA

レーザー光を照射するカートリッジで的を撃てる「LaserLyte Laser Training System」 - DNA

ターゲットをロック、自動でトリガーをコントロールする狙撃システム「TrackPoint」 - DNA

アルカイダが考えた「無人偵察機から逃げるための22のテクニック」 - DNA

ヒトラーの夜間警護専用、銃身下にフラッシュライトを搭載したルガー・P08 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧