世界のびっくりニュース

タイの大学や公的機関のカンニング防止策がローテク過ぎてすごい


学歴が職業に影響するようになると選抜試験も苛烈になります。いきおいカンニングする人も増えるわけで、日本でも受験シーズンにはそうした話題で持ちきりになるわけですが、タイの大学や公的機関のカンニング防止策があまりにもローテクなことが話題となっています。


トップ画像はタイの大学の中間考査での一こま。顔の両脇に紙を貼り付けて左右を見ることができないようにし、顔を振ったら分かるようになっています。かなり徹底的に疑ってかかっていますね。

1. こちらは民間航空センターの試験。空き箱を利用しておりよりシステマチックにカンニングを防止しています。

そこまで信用がおけない人物を合格させるというのも矛盾しているような気がしますが……スマートフォンやワイヤレス通信などを駆使したカンニングが横行している以上、念には念を入れなければならないのかもしれませんね。

ソース:Bangkok’s Kasetsart University requires students wear anti-cheat helmet for exams – report | News.com.au

関連記事

長さ約11メートル・2万5千件の解答を書いたカンニングペーパーを作った学生が退学処分に - DNA

北朝鮮の「プロパガンダ学校」を取材した貴重なドキュメンタリー映像 - DNA

学力テスト珍プレー・好プレー・海外版 - DNA

絵描きさん向けベンチマーク、あなたの眼はどれくらい正確か診断できるゲーム「The Eyeballing Game」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧