科学と技術

藻のチューブをまとわりつかせて人間に光合成能力を付加するスーツのコンセプトデザイン「Algaculture」


人間は今のところ、すべての人間が食べるものをいくつかの畑に分配して栽培しています、これにはいい点も、そしてもちろん悪い点もあるのですが、もし仮に自分に必要な栄養の分だけ、藻類を体にまとわりつかせて生きることができたなら……かなり未来の「光合成人間」を作り出すスーツのコンセプトデザインです。


「Algaculture」はAlgae、つまり藻と文化や培養、耕作を表すCultureを合わせた造語。太陽光と呼気に含まれるCO2で成長する藻のコロニーを体表に作りそこからカロリーを摂取することができるようになれば、まったく違った世界が広がるのではないかというコンセプトアートです。
Algaculture Solarium on Vimeo

なお、現在はこういう感じのプロトタイプとして、様々なアートイベントで展示されているということです。

ソース:Algaculture

関連記事

「自転車発電で刑期短縮」プログラムがブラジルの刑務所で開始 - DNA

太陽光だけをエネルギーに水から水素を分離できるナノサイズのワイヤーツリーの開発に成功 - DNA

太陽光と水、熱したオイルで動作するクリーンな「内燃機関」エンジン「HydroICE」 - DNA

「その省エネ、意味なくない?」と思わずツっこんでしまう日焼けサロンの看板 - DNA

旧世代型ハイブリッド駆動システムを搭載した「Naturmobile」が母なる地球を救う - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧