科学と技術

クラブに装着するとゴルフのスイングを分析できるガジェット「Swingbyte 2」


自分のスイングのクセは、自分では気づきにくいもの。改善するためにはきちんと計測して、修正していくことが大事です。こちらの「Swingbyte 2」はクラブに装着するだけで各種データを計測し、タブレット端末などで集計できるというもの。練習の役にも立ちますが、何より使って楽しいガジェットです。


「Swingbyte 2」はこのように、クラブのシャフトに取り付けて使用するセンサーと、タブレット端末のソフトを組み合わせて使います。

まず普通にスイング。

こうするとセンサーがスイングの各データを読み取りつつ、かつスイング画像と合わせて記録します。

スイングの軌道が再現される画面。

実際のスイング動画と同期させて確認もできます。

ヘッドスピードやシャフト角、アタック角などさらに詳しいデータも。

すべてのスイングを記録してくれるので「疲れてきたときのクセ」「クラブによるクセ」なんかも把握できます。

過去のスイングどうしの比較もできます。

動画はこちらから。
▶ Swingbyte 2 – YouTube

価格はひとつ149ドル(約1万4千400円)。こちらのサイトで販売されています。
Mobile golf swing analysis on your phone or tablet | Swingbyte

どんなスポーツでもフォームチェックはかかせません。こちらはカシオのデジカメ「EX-FC300S」ですが、ハイスピード撮影機能を利用しゴルフのスイングチェックが可能です。
▶ ゴルフに強いCASIO EXILIM EX-FC300S スイング解説付 – YouTube

技術向上のためのハードウェアはこうして手軽に利用できるようになってきましたが、レッスンプロやコーチを頼むというのはまだまだハードルが高いもの。次の壁はこのあたりにあるのではないでしょうか。

関連記事

みんな飛ばし屋、ロケット推進式のゴルフクラブ「The Rocket Club」の動画 - DNA

プロゴルファーの妙技、池の水面をバウンドし見事にホールインワン - DNA

イギリス紳士のユーモアと反骨精神にあふれた「ゴルフのプレー中に爆撃が始まった際の暫定ルール」 - DNA

ゴルフボールの知られざる内部構造の美しさを捉えた断面写真シリーズ「Interior Design」 - DNA

ものすごい達成感を味わえる、 一列に並んだ9人のゴルファーのパットがほぼ同時にカップインしている動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧