アートとデザイン

[字幕動画]映画のスクリーンの縦横比がよく分かる解説動画「The Changing Shape of Cinema」


より美しく、より迫力を伝えるために、映画の撮影・映写技術は日々進歩しています。中でもスクリーンの縦と横の長さの比率である「アスペクト比」は、まさに映画の歴史そのものと言ってよいくらい、様々な工夫と発展があるのです。


下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 
映画の歴史はまだ100年ちょっととごく短いものですが、スクリーン一つとってもその進化が激烈です。映画の3D上映化について「そんなことをしてもお客さんは増えないのでは」という疑問がつきまとっていたのですが、60年前のシネラマ化の熱狂を考えると、確かに映画産業が期待したのも無理はない、と納得できます。

こうして技術が新しい表現を可能にし、新しい表現はさらなる技術的チャレンジを求めます。元気がないと言われている業界ですが、これだけの進歩をしてきているのですから、まだまだ変わっていくのは間違いありません。

関連記事

ヒッチコックの「裏窓」の場面を全部つないで1枚のパノラマにした動画 - DNA

タランティーノ監督のチームが「カット!やり直し!」の時に叫ぶ言葉が映画への愛にあふれて感動的 - DNA

ワルも殺し屋もみんな笑顔、映画撮影の合間に談笑している俳優たちの写真いろいろ - DNA

アルフレッド・ヒッチコック監督がカメオ出演している全シーンを5分にまとめた動画「Every Alfred Hitchcock Cameo」 - DNA

だいたいパターンは決まっているハリウッド映画のポスターのステレオタイプ14選 - DNA

特殊効果盛りだくさんな映画のワンシーンとその撮影風景を比較した写真20枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧